午前10:00〜13:00/午後14:30〜19:30/休診日 木・祝
午前10:00〜13:00/午後14:30〜19:30
休診日 木・祝

日本歯科保存学会認定医による
Restorative treatment

虫歯があるところを綺麗に治したい
銀歯は嫌だという方

審美歯科を得意とする当院に是非一度ご相談下さい。

Composite resin repair treatment

CR修復治療は、治療が一日で終わる、歯を削る量が少なくて済む、優れた審美性など様々なメリットがあります。しかし、保険治療で行われているコンポジットレジンは、保険点数が低く短時間で行われるため、適合精度が低い、接着操作が不確実になりやすい、その結果、変色が起こりやすいなどのデメリットがあります。それに対して、自由診療でのCR修復治療では、マイクロスコープを使用し高い拡大視野で、かつ時間を掛けて超精密に行うため、適合精度が高くなり、接着操作がとても正確に行えるため、脱離や強度不足、新たな虫歯の発生などのリスクがとても少なくなります。そのため、とても機能的かつ二次的な問題の予防力を高くし歯を修復することが可能になります。また確実性の高い操作(ラバーダム、光硬化の処理の仕方、研磨など)を行うことで、術後の変色もとても少なく経過します。

Inlay repair treatment

小さい虫歯はCR修復で済みますが、大きな深い虫歯になると「インレー」と呼ばれる、型を取って作った物を接着させないといけません。インレーにも様々な種類があります。保険では銀色の「メタルインレー」になります。これは銀色なので、下の歯や前から4〜5番目の歯の場合とても目立ちます。そこで、目立たないように歯と同じ色がいいのですが、その材料としては「セラミックインレー」と呼ばれる物があります。ただしこれは自由診療になります。「セラミックインレー」は、天然歯にもっとも近い色にすることができ、磨耗せず、変色せず、匂いもつかず、耐久性に優れています。また、セラミックインレーは、シランカップリングという特殊な方法で、歯とセラミックをガッチリくっつけるため、虫歯にも非常になりにくいです。場合によっては、その強力な接着力があるため、金属のインレーに比べると歯を削る量もとても少なくすることが可能です。結果的に保険のインレーに比べて、歯の寿命を最大限に延ばすことが可能です。保険で使用出来る材料は、残念ながらあまり良い材料とは言えません。もし、私達スタッフが、自分や自分の家族に「インレー」を入れるならば絶対に使用しません。